2008年10月06日

インディアンジュエリーのデザインについての考察・その1

まず、インディアンジュエリーの特徴と言えば

【自分で材料買って、自分でデザインしたものを、自分で作り上げる】

そんなジュエリーってこと。

実感している人は、きっと少ないと思う。けど愉しむ上ではとても大切なことや。

知った上で・・とそうでないのとでは、愉しみ方も半減すると言うもの。

彼らは、普段こんな風景を当たり前のように見て産まれ育ってジュエリー作りに取り掛かっているんやな。

2008_10_6_1s.JPG

視界の半分が地面。視界の半分が空。

この構図を皆さんなりに咀嚼しながら上質のジュエリーを見ると、もっと愉しめると思いますw。

Web Site http://www.goldrush.co.jp

Online Shop http://goldrush.ocnk.net


posted by Kramer×3 at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | Arizona | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

It's Cloudy

今日の神戸も空模様だけはよく似てるわ。

2008_9_14_1s.JPG

写真はアリゾナ州の【SAGUARO NATIONAL PARK】で撮ったヤツ。

山の頂きまで、このでっかいサボテンがそびえ立っている実に非日常的空間。

ワシの基本的なやり方は、これを販売する商品にいかにして練りこむか?

と言う至極素朴なことなんやけど、これが出来ているかと言うと20年経っても未だにまだやねんなぁ。


Web Site http://www.goldrush.co.jp

Online Shop http://goldrush.ocnk.net
posted by Kramer×3 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Arizona | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

風の音しか聞こえない。

2008_6_23.JPG

これは、見る人が見たらすぐに判るモニュメントバレーへ行く途中で車中から撮影したもの。

用を足すため車から降りてみると、途中通り過ぎる車の音以外は風の音しか聞こえない。

実際、オイラの住んでいる神戸辺りでは考えられないこと。

360度地平線な風景。

これも日本では見ることの出来る場所は殆んど限られている。


アメリカインディアン・ジュエリーのデザインが生み出される発想の源の一つは、正にここにあります。

好きかそうでないかは、みんなそれぞれの気持ちの持ちようだけど

この部分だけは、真似は出来ても思いつくには日本に住み暮らしていちゃぁ如何なものか??

っちゅうのが、オイラの持論の一つ。

どっちがエエとか悪いとか言うてるのとちゃいますよ。

同じテーブルで良し悪しを判断するのは少しムムムッ??なんですね(笑)。


web site http://www.goldrush.co.jp

online shop site http://goldrush.ocnk.net 

western wear online shop site http://wear.ocnk.net
posted by Kramer×3 at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | Arizona | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

海の向こうのことを想う。

プチ旅行から無事に帰還しました。


田植えを終えたばかりの田んぼ。

竹林。

手入れの行き届いた山、そうでない山。

その中を縫って勢いよく走る子供達。


目的の人の話を聴きながらオイラの考えも述べたけど、その先の展開は深刻でとても重たいことだと改めて実感する。

monu-four003L.JPG

子供達を守るのが第一義だけど、オイラがしてやれることには限界がある。

けっしてこんな写真のようなことにはしたくないね。


web site http://www.goldrush.co.jp

online shop site http://goldrush.ocnk.net

western wear online shop site http://wear.ocnk.net
posted by Kramer×3 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Arizona | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

現地仕入れがカッコ良いとは限らない。

2008_6_11_1.JPG

現地に仕入れへ行くんですか?


何万回問われたか?

お客様に問われた質問です。


必ず切り返します。

「行きたければ行きます。でもこの店にあるモノを全部仕入れに行くのは、あまり意味のあることではありません。」


現地仕入れ自体は仕入れ方法の一つの引き出しでしかなく、決してカッコ良いものではありません。

行って何を仕入れてきたのか?

これが肝心なんです。


僕はそれを【モノ】を通じて表現する方法を選びました。


写真は、アルバカーキからギャラップへ行く途中の【I40】でのとある風景。

仕入れに行く為にこの道を通ると、せっかくココまで来たのにスルーしなきゃいけない風景が沢山あるんです。


アメリカ・サウスウェスト馬鹿にとっては、耐え難い屈辱です。


Web site http://www.goldrush.co.jp

Online Shop Site http://goldrush.ocnk.net


posted by Kramer×3 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Arizona | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。